TOP > ミノキシジルと併用

ミノキシジルはプロペシアと併用すると高い効果が得られる薄毛治療薬です。

他のAGA治療薬と併用して治療

ミノキシジル

プロペシアに含まれているフィナステリドによって、薄毛・脱毛を減らすことができます。

AGAによる薄毛で悩んでいる人なら、プロペシアを服用することでその効果を実感することができるでしょう。

しかし、冒頭でも説明したように、すべての人が必ずプロペシアで薄毛を改善できるとは限りません。

医薬品との相性が悪ければ、いくら薄毛改善効果が高いプロペシアといえどもその真価を発揮してくれないのです。

ですが、そこですぐに諦めてはいけません。

プロペシアの効果は「薄毛・脱毛を減らす」ということのみで、それ以外の効果を発揮するような成分は一切入っていません。

つまり、他のAGA治療薬と併用することで、互いに干渉することなく、高い相乗効果に期待することもできるのです。

プロペシアを服用してもあまり効果がなかったという場合は、ぜひ他のAGA治療薬との併用によってさらなる効果を狙ってみるのもいいでしょう。

併用できる代表的な医薬品

では、プロペシアと併用して、さらなるAGA治療効果を発揮してくれる医薬品とは何なのでしょうか。

その代表的なものがミノキシジルです。

ミノキシジルもプロペシアと同様に、世界的に有名なAGA治療薬となっています。

日本では「リアップ」として販売されていることで有名です。

一般的なドラッグストアでも販売されていることからもわかるように、安心性とその効果の高さは言うまでもありません。

発毛効果が期待できるミノキシジル

ミノキシジルは元々血管拡張剤として開発されたのですが、こちらもその使用中に副作用として発毛効果が確認され、現在はこうしてAGA治療に使用されるようになりました。

ミノキシジルを使用することで血行が促進され、髪にもしっかり血液とともに栄養が行き渡るようになります。

これによって発毛が促され、AGA治療をおこなうことができるわけです。

ミノキシジルは薄毛が悪化している箇所に塗布することで、その部分を中心に発毛効果が期待できます。

また、通常のミノキシジルは外用薬として使用されることになりますが、ミノキシジルタブレットの場合は服用する内服薬となっています。

それぞれのアプローチ

おさらいですが、プロペシアは内服薬であり、服用することでDHTを抑制し髪が抜け落ちてしまうのを防ぐ効果があります。

あくまでも成長サイクルを元の状態に戻し抜け毛を防ぐのであって、発毛効果は一切含まれていません。

それに比べてミノキシジルの場合は、逆に発毛効果に優れているものの、成長サイクルを正常に戻す効果はありません。

プロペシアとミノキシジルは互いに薄毛治療に効果的なAGA治療薬なのですが、そのためのアプローチ方法が違うのです。

アプローチ方法が違うからこそ、プロペシアとミノキシジルを併用しても問題なく、むしろより強力な薄毛改善効果に期待することができるのです。

両者とも、元々単体で充分すぎる効果を発揮してくれるAGA治療薬なうえ、互いに持っていない部分をカバーし合うわけですから相乗効果も当然大きくなります。

ミノキシジルとの併用は日本皮膚科学会でも推奨

プロペシアとミノキシジルの併用は、薄毛治療をおこなっているクリニックでも実践しているところが多く、それに加えて日本皮膚科学会でも推奨されています。

プロペシアが内服薬、ミノキシジルが外用薬という点も互いを邪魔しない大きな理由です。

プロペシアだけでは満足いく結果が得られなかった、という場合は、ぜひミノキシジルとの併用をお試しください。

併用する場合はよく確かめてから

医薬品には特定の病気・症状を治療するための成分が含まれており、その成分の働きによって私たちの健康は保たれるのです。

しかし、病気・症状を治すためには強力な成分を含んでいる必要があり、その成分同士を同時期に服用してしまうと、互いに反応し合って身体に悪影響を与えることがあります。

そのため、医薬品によっては併用禁忌薬というものが定められており、一部の医薬品と併用することを禁止しているのです。

では、プロペシアの併用禁忌薬として指定されている医薬品には何があるのでしょうか。

実は、現状プロペシアに併用禁忌薬はありません。

ミノキシジルとの併用は日本皮膚科学会でも推奨

併用しても副作用などの悪影響を及ぼす医薬品は発見されていないのです。

そのため、基本的にプロペシアと他の医薬品を併用することは可能です。

ただし、プロペシアにしても、併用する医薬品にしても、強力な成分が含まれていることは同じです。

そのため、もしプロペシアと併用して別の医薬品を使用する場合、いくら併用禁忌薬がないとはいえ、注意しておかなければいけないことがあります。

複数の医薬品との併用は注意

例えば、複数の医薬品をすでに服用している場合は要注意。

プロペシアの副作用として肝機能障害がありますが、他にも複数の医薬品を服用してしまうと余計に肝臓へ悪影響を与えてしまう危険があるのです。

また、原則として併用禁忌薬がないと言われているプロペシアでも、みなさんの身体の状態などによっては、併用することで思わぬ副作用が出ることもあります。

プロペシアと何かしらの医薬品を併用する場合は、必ず医師に相談するなど、きちんと確認したうえで使用するようにしましょう。